3Dプリンター3Dプリンターのデータの基本的な作成方法

3Dプリンターはテクノロジーの進化と共に実用性を増してきており、製造業を中心に導入することで高い効果を見込めるようになっています。
ただし、3Dプリンターを使用する際には、まずはその利用方法を知っておかなければなりません。

その第一歩として非常に大切な要素が、3Dデータの作成方法です。
作成方法はひとつではないため、目的や条件に応じて最適なものを選択することが大切です。
この記事では、3Dプリンターのデータ作成方法について解説します。

3Dプリンターのデータ作成方法

データ作成方法は、基本的に下記の4つが挙げられます。

  • 3Dプリンターの基本的なデータ作成方法
  • ● 2DCADデータの3D変換
  • ● 3DCADのCGツールの使用
  • ● 3Dモデリング
  • ● 3Dスキャン

2DCADデータは、製造業の現場で日常的に使用している2D設計図のデータだと考えてよいでしょう。
2DCADデータがあれば、3DCADデータに変換するツールを用いることで比
較的容易に3Dモデルに変えることが可能です。 ただし、元の2DCADデータの状態は、変換だけでは形状が上手に再現できず、3DCADデータの修正が必要になることもあるため注意が必要です。

また、3DCGツールがあれば3Dプリンター用のデータを作れます。
フィギュアといった滑らかな曲面が求められるものを形作る際には、3DCGツールの利用が適しているでしょう。 しかしその一方で構造や寸法が整合しないデータが作られることもあり、工業用の部品といった高い精度が求められる造形には向いていません。

3Dモデリング

3Dモデリングとは、3DCADソフトを活用し、データをモデリングすることを指します。 3DCADが用いる表現方法は、以下の3つです。

  • 3DCADが用いる表現方法
  • ● ワイヤーフレーム
  • ● サーフェス
  • ● ソリッド

ワイヤーフレーは、点と線を使って図形を表現します。
サーフェスは、点と線に加えて、面も使用して図形を作り出します。
そしてソリッドは、点と線に体積を用いて造形します。

3Dモデリングは正確なデータを作りたい際に適しており、対象物の強度や質量なども含めて正確なデータを効率的に作ることが可能です。
どんな造形物も作り出せる自由度の高さが魅力的ですが、3DCADソフトの操作方法を覚えなければならないため、少しハードルが高いかもしれません。
インターネットでも操作方法を学べるコンテンツが用意されているので、活用するとよいでしょう。

3Dスキャン

3Dスキャンとは、3Dスキャナーを使用してターゲットをスキャンし、データを取得する方法です。
データ取得は基本的に機械に任せられるため、比較的手軽にデータ作成ができる手段です。
データにしたい物体のモデルが既に存在する場合は、スキャンしてしまった方が効率的に作業を進められることもあります。
手作業で作成した2Dのデータが残っていない場合でも、有効な選択肢になるでしょう。

ただし、効率的な反面、機械で読み取るだけでは正確な凹凸やサイズまで把握できないことが往々にしてあります。
ノイズが混じってしまうこともあるため、正確性の面では不安が残る手段です。
基本的には、3Dデータの手直しが必要になる可能性が高いと思っておくとよいでしょう。
3Dプリンターの中にはスキャナー機能も有しているものがあります。
スムーズに作業が進められるためおすすめです。

もし3Dスキャナーの性能や種類について詳しく知りたいという方は、別途コチラの「3Dスキャナーとは。接触型と非接触型の特徴や違い」の記事をご覧ください。

3Dプリンターのデータ取得は入口に過ぎない

ここまでは3Dプリンターの基本的なデータの作成方法を紹介してきましたが、実際に3Dプリンティングを行う際には、その他にも踏まなければならない工程がいくつかあります。
そうした基本の工程をしっかりと抑えることは3Dプリンターを導入する際には非常に重要になってきます。
そうした3Dプリンターの使い方についてさらに詳しく知りたいという方は、コチラの「3Dプリンターの使い方を5つの工程に分けて解説」の記事をご覧ください。

3Dプリンターのデータ作成方法を知っておこう

今回は、3Dプリンターのデータ作成方法について解説しました。
自社にとって最適な方法を判断する材料となりましたでしょうか?
データの作成には、いくつかの方法が考えられるため、目的や条件に応じて使い分けましょう。

株式会社フュージョンテクノロジーは、3Dプリンターの“世界標準”を提供いたします。
お客様の3Dプリンターに関するお悩みに関しても、高機能機種からリーズナブルなものまで、お客様のご要望や用途に応じて様々なご提案をさせて頂きます。
詳しくはコチラをご覧ください。